便秘がひどくなると、ほとんどもよおさなくなってきたりしますよね。

私も過去に経験がありますが、何日経っても、いくら腸にいいと言われるものをしっかり食べても全然もよおささに。びくともしない。

腸が動いていくれる気配すらまったく感じない。

どうしたらいいんでしょうか。

腸の蠕動運動機能が低下している

いつまでももよおさない、びくともしないのは腸の「蠕動運動」機能が低下しているからだと思うんです。

蠕動運動が正常に働いていると、口の中から入った食べ物は栄養素の消化吸収をしながら、胃→小腸→大腸というように、体の外に押し出していきます。

この働きが正常であれば、腸に便が停滞することもないわけですが、でも今はその機能が全く動いてないように感じる。

原因のひとつとしては「食べ過ぎ」があるかもしれません。

あと「食べ間違い」。

人それぞれ、消化吸収能力は違いますから、人と同じ量を食べていても、ある人にとってはそれが食べ過ぎになる量である場合もあります。

1日3食が体にいいとは言われていますが、これも実際は人それぞれ。

3食では消化吸収能力が追いつかずに、腸に消化不良分が溜まって腸の機能が低下します。

そして腸の機能が低下しているところに、また毎日のように3食食べるから余計に消化吸収能力が追いつかずに停滞する便も溜まり、腸の蠕動運動機能もさらに落ちる。

こういった悪循環に陥っている人も少なくないのかもしれません。

そして頑固な便秘になる。

こういった場合、例えば善玉菌の一種である乳酸菌を取り入れられるヨーグルトや腸を刺激して蠕動運動をうながす食物繊維など、「腸に良い物」を取り入れるよりも、食べ過ぎている分を減らすほうが効果が期待できるかもしれません。

私達の体も仕事の合間に定期的に休息が必要なように、胃腸などの消化器官にも定期的に休ませてあげることが必要。

3食では過剰労働になっている可能性もありますからね。

完全に1食分を抜くというのは、今まで3食ガッツリ食べてきた人にとってはちょっとむずかしいかもしれませんが、例えば、朝は消化のいい果物だけ」といったやり方でもいいと思います。

私も胃腸を休ませるために「果物だけ」の食事をすることがよくあります。

質の悪い食べ物を控える

もうひとつ、「質の悪い食べ物を控える」ということも大事だと思います。

お菓子や菓子パン、加工食品、カップラーメン、ジャンクフードなど、栄養素のバランスも悪く、体に必要ないものもたくさん含まれている食べ物。

多すぎる糖分、酸化した油、食品添加物など。

これらはすべて腸が嫌うものでもありますから、これらのとり過ぎによって腸の機能が低下しているとも考えられます。

例えば、加工食品の多くに含まれている保存料をとりすぎることで、腸内の有用な細菌(善玉菌)が減ってしまうという話もあります。

トランス脂肪酸や酸化した油が腸を汚すとも言われます。

いつでもどこでも手軽に食べられる加工食品は便利ではありますし、まったく食べないというのはなかなか難しいかもしれませんが、そういった加工食品に頼りすぎることは腸をどんどん汚してしまう可能性も高くなります。

人間を含めた生き物に最初に備わった器官が腸だそうです。

その腸の機能が低下するということは、私達の活動の源である栄養素を吸収する能力が落ちてくることも意味しますから、それがひどくならないためにも、毎日食べているものを根本的に見直していく必要があるかもしれませんね。

↓こちらお茶、おすすめです。

10日間無料で試せる!?噂の翌朝ドッサリ茶


スポンサードリンク